さくらで取得したドメインをRoute53のホストゾーンに登録する方法

さくらで取得したドメインをRoute53に登録プログラミング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

さくらで取得したドメインをRoute53のホストゾーンに登録し、 CloudFront等で使いたかったのですが、
さくらのドメインで同じことをやっている記事が見つからなかったので、残します。

スポンサーリンク

前提

  • AWSアカウントがあること
  • さくらでドメインを取得済みであること
スポンサーリンク

対応内容

Route53でホストゾーンの作成を行う

AWSマネジメントコンソールにログインします。
Route53のホストゾーンページを開き、ホストゾーンの作成を選択します。
Route53のホストゾーン作成

各種情報を入力し、ホストゾーンの作成を選択します。
各種情報を入力し、Route53ホストゾーンの作成

作成が完了したら、NSレコードの値をメモしてください。
さくらのWho isの設定で使用します。
Route53ホストゾーンNSレコードの値をメモ

Who isのネームサーバーの情報を変更

会員メニューにログインします。
https://secure.sakura.ad.jp/auth/login

契約中のドメインを選択します。
契約中のドメインを選択

ドメインコントロールパネルへのリンクをクリックします。
ドメインコントロールパネルへのリンクをクリック

該当するドメインのWhoisをクリックします。
該当するドメインのWhoisをクリック

ネームサーバーを編集をクリックします。
ネームサーバーを編集をクリック

Route53で設定されてネームサーバーに変更し保存します。
Route53で設定されてネームサーバーに変更し保存

who isコマンドでネームサーバーが切り替わっているとを確認します。

※即時反映はされないので、数時間待って確認することをオススメします

whois 対象のドメイン
<省略>
Name Server: NS-.....ORG
Name Server: NS-.....COM
Name Server: NS-......CO.UK
Name Server: NS-.....NET

おわりに

Who isが変更されるまでに時間が必要なことを知らず、不安だったのですが無事反映されてよかったです。

続いて、Route53に登録したドメインを使って、CloudFrontにドメイン宛ててみようと思います。

参考

お名前.comで取得したドメインをRoute53のネームサーバで管理設定してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました