自宅でAWS 認定デベロッパー アソシエイト取得しました

プログラミング
スポンサーリンク

DVA)を自宅で受験し無事合格しました。
資格取得までに参考にしたものを投稿します。

f:id:gdtypk:20210906155821p:plain

スポンサーリンク

私のAWSの知識

半年前にソリューションアーキテクトに合格しました。
[AWSソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)](https://gdtypk.com/2020-02-25-000000/)

業務では、EC2,RDS,Lambda,S3を薄く触っている程度になります。

あとは、私が所属している班でCI/CDに最近取り組み始めたため、Code兄弟に関しても少し知識がありました。

スポンサーリンク

やったこと

大体、2週間毎日1~2時間程度、勉強していました。

試験範囲の確認

AWS Certified Developer - Associate 認定
AWS Certified Developer - Associate 認定を獲得してください。トレーニングコース、試験ガイド、サンプルテスト質問、模擬試験をご用意しています。詳細はこちら。

アドミニストレータを読む

こちらが対象の書籍のリンク

これ一冊で、試験に対応できるとは思えませんが、ソリューションアーキテクトを受けて以来、
忘れていたサービスなどをぼんやり思い出すにはちょうどよかったです。

AWS WEB問題集をこなす

AWS WEB問題集リンク

デベロッパーアソシエイト試験の問題を見るためには、ダイヤモンドプランに登録する必要があり、
これが、6000円程度とけっこうなお値段します。

こちらの問題集を3周しました。
回答にAWS公式のリンクが貼ってくれてたりするので、腹落ちしないものに関しては、
ざっくり目を通すようにしました。

Black Beltを見る

AWS Black Beltリンク

問題集のリンクを読んでも意味の分からないものに関しては、youtubeを見ました。

スポンサーリンク

試験を受けての感想

ソリューションアーキテクトの時は、あまり感じませんでしたが、今回は試験の日本語が酷かったです・・。
勘違いかもしれませんが、英語には記載されているのに日本語では言葉が抜けているものが1問ありました。

Elastic BeansTalkとcloudformationを初めて見ましたが、使えるようになったら、かなり便利そうだなあと思いました。
(Infrastructure as Codeすごい)

次はSysOpsを受けたいです。

自宅で受けた感想

免許書やパスポートを手元に用意して、指示に従うだけなので、難しいことは無いと思います。
ただ、指示が全て英語なので、私は苦労しました。チェックインだけで30分近くかけてしまい・・。
担当してくれた方も私の英語に終始笑ってくれていました:sweat:

その他、重要そうなもののリンク

Beans Talkデプロイについて
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/using-features.deploy-existing-version.html
http://shepherdmaster.hateblo.jp/entry/2019/01/28/232511

WCU RCUについて結果整合性・強力な読み込み・トランザクション
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amazondynamodb/latest/developerguide/HowItWorks.ReadWriteCapacityMode.html#HowItWorks.ProvisionedThroughput.Manual

グローバルセカンダリインデックス・ローカルインデックス
https://qiita.com/kazutomo/items/7c6123f6c8eea55dff33#%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%B5%9E%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF

Lambda × X-Ray
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/services-xray.html

Lambda 実行コンテキスト(ハンドラー外に書く)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/runtimes-context.html

CodeBuildの環境変数の長さ制限
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codebuild/latest/userguide/troubleshooting.html#troubleshooting-large-env-vars

マスターキーでデータキーを暗号化する
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/kms/latest/developerguide/programming-keys.html#generate-datakeys

Lambda@Edgeについて(cloudFront配信時にLambdaを実行)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudFront/latest/DeveloperGuide/lambda-at-the-edge.html

DynamoDBパーティションキー
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amazondynamodb/latest/developerguide/bp-partition-key-uniform-load.html

Lambdaベストプラクティス
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/best-practices.html

EC2 インスタンスプロファイル(I AM ロール)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/id_roles_use_switch-role-ec2_instance-profiles.html

ECR レジストリ
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonECR/latest/userguide/Registries.html#registry_auth

Systems Manager パラメータストア
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/systems-manager/latest/userguide/systems-manager-parameter-store.html

ステップファンクション
https://aws.amazon.com/jp/step-functions/

DynamoDB Accelerator (DAX)
https://aws.amazon.com/jp/dynamodb/dax/

DynamoDB では、楽観的オプティミスティック同時実行制御を使用する

Cognito ユーザープールと ID プール
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/cognito-user-pools-identity-pools/

フィルターを使用したログイベントからのメトリクスの作成
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/logs/MonitoringLogData.html

AWS AppSync プッシュ同期
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cognito/latest/developerguide/push-sync.html

Cognito Sync
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cognito/latest/developerguide/cognito-sync.html

マッピングテンプレート
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/apigateway/latest/developerguide/apigateway-override-request-response-parameters.html
https://qiita.com/tamura_CD/items/ca8e531f74ea5b82a5b7

S3のバケットポリシーPrincipal(特定のユーザにアクセス許可)
https://dev.classmethod.jp/articles/summarize-principal-settings-in-s3-bucket-policy/

IAM ポリシーエレメント: 変数およびタグ
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/reference_policies_variables.html

Kinesis Firehose(データの流し込み)の違い
https://dev.classmethod.jp/articles/difference-between-kinesis-streams-and-kinesis-firehose/

SQS メッセージグループ ID の使用(FIFOを保証)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSSimpleQueueService/latest/SQSDeveloperGuide/using-messagegroupid-property.html
https://dev.classmethod.jp/articles/sqs-new-fifo/

throttlingexception
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/cloudtrail-rate-exceeded/

BatchWriteItem,BatchGetItem
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amazondynamodb/latest/developerguide/WorkingWithItems.html

Simple Workflow Service(SWF)
https://dev.classmethod.jp/articles/cm-advent-calendar-2015-getting-started-again-swf/

SQS 可視性タイムアウト
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSSimpleQueueService/latest/SQSDeveloperGuide/sqs-visibility-timeout.html
https://qiita.com/tomoya_ozawa/items/dc0286cdb30763eab174

SQS ロングポーリング
https://cloudpack.media/472

環境変数が優先される
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/security-token-expired/

dynamoDB 並列スキャン
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amazondynamodb/latest/developerguide/Scan.html#Scan.ParallelScan

ウェブ ID フェデレーション
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/id_roles_providers_oidc.html

OpsWorks レシピのインスタンスのログ確認)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/opsworks/latest/userguide/troubleshoot-debug.html

エクスポネンシャルバックオフ(Exponential Backoff)
指数関数的にリトライ間隔を後退させる
https://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2014/08/17/135017

クラウドフォーメーション触ってみる
https://qiita.com/tyoshitake/items/c5176c0ef4de8d7cf5d8

Elastic BeansTals触ってみる
https://tech-lab.sios.jp/archives/17449

コメント

タイトルとURLをコピーしました